2019年も10月に入っても気温30℃以上でセミが鳴くという季節外れの暑さが続いております・・・

ここ数年では特に珍しいことではありませんが、やっぱり収穫の秋が少々遅れてやって来そうです。

干し芋の原料芋は、10月10日頃以降から天候を見て収穫作業が始まる予定

そして自然薯は、11月初旬頃に試し掘りで糖度を見ながら「新物 自然薯」の発売となります。

写真は、10月4日の自然薯畑

まだ葉っぱは緑色ですが、これが茶色になって来たら収穫時期。

土を見ると、地割れが出来ていますので土の中では順調に自然薯が大きく育っているようです。

10月の第2週頃から気温も下がり、やっと秋も深まりつつあるようです。

今年も収穫の秋をご期待ください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事