いずみ13号&紅はるかの干し芋(ほしいも) 太陽のIZUMI

2018年~2019年の販売シーズンへ向けて、原料芋の収穫作業が進んでいます。

写真は、人気の「紅はるか」

この状態で糖化作業を進めます。
糖化作業の前に、キュアリングを行い原料芋の甘さを進めます。
2018年は、猛暑の影響で葉の色つきなどから収穫量が心配されました。
しかし、ほぼ例年並みの作柄という感じです。
幻の「いずみ13号」は、非常にデリケートな品種ですので、もう少し畑で眠らせてから収穫する予定です。
飛田農園の「太陽のIZUMI」、2018年内は熟成シリーズからご予約&販売がスタートします。
こちらはお歳暮にピッタリ
そして、2019年1月からは新物の販売がスタート。
2019年1月末~2月に丸干し芋のお届けという予定です。
今シーズンも「天然のスイーツ」を、ぜひお楽しみください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事