笠間市だけでなく茨城県の特産品に成長した「自然薯(じねんじょ)」

強い粘りと高い糖度(濃厚な風味)を生み出す秘密は、寒暖の差が大きい笠間市の気候が要因の一つのようです。

笠間自然薯研究会のトーマス農園が栽培する自然薯は、微生物「アープトーマス・オルガ菌」
の働きで栽培するので完全な無農薬栽培を実現しています。

新しいネーミングは何がピッタリか?

何気なく出て来た「美白とろろ」のネーミング

誕生は、2006年のこと

当時の写真で振り返ります・・・

 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事