幻の干し芋品種「いずみ13号」専門 太陽のIZUMI ◇天日干しだから出せる深みのある独特の甘さを体験したい方にお薦めです。◇

干し芋の王国、茨城県ひたちなか市でも、ごく一部でしか生産しない品種の「いずみ13号」
生産量が少なく「幻の干し芋」とも呼ばれることのある「いずみ13号」の干し芋を専門に加工するのが
ひたちなか市長砂の飛田農園さん

「いずみ13号」は、甘さと柔らかさでは群を抜く品種ですが、栽培が難しいのが生産量が少ない理由
そんな「いずみ13号」を今では稀少な「天日干し」ですべてを仕上げます。
他にも「シルクスイート」や定番の「紅はるか」の干し芋も人気

ひたちなか市の太陽と土と風が奇跡の如く揃った絶妙のハーモニーから生まれた逸品が「太陽のIZUMI」です。